スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「まさかジオスまで」再び繰り返された混乱(読売新聞)

 英会話熱に乗って急成長してきた英会話学校大手のジオス(本社・東京)の一部経営陣が東京地裁に破産手続きの開始を申請し、保全管理命令を受けたことで、7000人以上が通う99校が21日、突然閉鎖された。

 最大手NOVAが2007年に破綻(はたん)してわずか3年。再び繰り返された混乱に、受講生らからは「まさかジオスまで」と困惑の声が上がった。

 「こういう経済状況で受講者が減った」

 21日正午過ぎ、弁護士とともに東京地裁への破産手続きの開始申請などを発表した須原一美取締役は、経営悪化の原因を説明した。「リストラで広告宣伝費を削減し、新入生が非常に減少した」とも。

 記者会見に、創業者の楠恒男社長の姿はなく、全国329校のうち230校はジー・コミュニケーション(名古屋市)に引き継がれ、閉鎖する99校の受講生は近隣のジオスに転校してもらうとしたが、受講料の払い戻しを希望した場合については、「あまり財産状態が良くないので、なかなか難しい」との見通しを示した。

 ジオス仙川校(東京都調布市)に21日午後、家族からの連絡で駆けつけた調布市の主婦(43)は「(NOVAに続いて)これで2回目。不運と笑うしかないですね」と肩を落とした。小学5年の長男を昨年から通わせ、1年分の受講料二十数万円を払い込んだが、半年分も消化していない。NOVAが破綻する直前に六十数万円を払ってしまった経験から、ジオスへの払い込みは最小限に抑えていた。「近隣の校舎に通うのが可能かどうか分からず、不安。息子は今の講師と相性が良かったのに……」

 また、三軒茶屋校(世田谷区)を訪れた家事手伝いの女性(22)は、3月中旬に1年分の受講料25万円を払ったばかり。「一括で払ってくれと繰り返し催促された」と悔しがった。自由が丘校(目黒区)では20歳代の男性会社員が、「三十数万円を2月に支払った。NOVAの前例があったので心配だったが、まさかジオスまでとは」と納得いかない様子だった。

 津市の津校に勤める米国人男性講師(28)は約2週間前、会社から閉校を知らされたという。「『今月分の給料は約束できない。生徒への返金も難しい』と言われた。給料はほしいが、一番かわいそうなのは生徒」と憤っていた。

 英会話学校の講師らが加入する労働組合・ゼネラルユニオン(大阪市)によると、昨夏以降、ジオスの講師などから給料の遅配に関する相談が目立っていたという。山原克二委員長は「これから先のことは何もわからないので、未払い賃金など被害の救済に協力したい」と語った。

時事通信記者の過労死認めず=糖尿病合併症「業務に起因せず」-東京地裁(時事通信)
無免許で高速道路逃走、最後は駆け足(読売新聞)
<抹茶ぜんざい>おこげから金属片発見 自主回収…天野実業(毎日新聞)
気多神社の神社本庁離脱の規則変更認める 最高裁(産経新聞)
ネットで教育語ろう 文科省が掲示板設置(産経新聞)

<薬師寺>映画「春との旅」奉納される(毎日新聞)

 5月22日から全国公開される映画「春との旅」(毎日新聞社など製作参加)が15日、奈良市の薬師寺に奉納された。主演の仲代達矢さん(77)と小林政広監督(56)が金堂の薬師三尊像(国宝)前で、協力者やファンに感謝を込めて祈った。創建1300年の薬師寺で、映画が奉納されたのは初めてという。

 映画は、足の不自由な元漁師・忠男(仲代さん)が身の寄せ場所を求め、孫娘の春(徳永えりさん)と共に疎遠だった兄弟を訪ね歩くストーリー。「生きることとは何なのか」をテーマにしている。

 奉納式では、読経の後、仲代さんらが映画のポスターと台本、DVDを山田法胤(ほういん)管主に渡した。仲代さんは「奉納は60年の俳優人生で初めて。とてもありがたい」とあいさつ。小林監督は「この映画が一人でも多くの人の心に残るようにとの思いを込めて奉納した」と話した。【花澤茂人】

【関連ニュース】
薬師寺:国宝・東塔の内陣公開始まる
仏生会:釈迦の誕生祝い /奈良
撮れたて!:薬師寺「花会式」 幸せ祈って 響く声明 /奈良
花会式:幸せ祈る声明響く 奈良・薬師寺で始まる /奈良
あちこち・あいち:日報連支部写真展--一宮 /愛知

川内国交委員長が法案に反対=割引財源での道路建設(時事通信)
大和ハウス奈良工場、2月にも火災 4千平方メートル焼く(産経新聞)
ヘリ近接飛行で事実関係照会=中国側に外交ルートで-防衛省(時事通信)
反対集会に1万5000人=「島の未来、壊さないで」-普天間移設・鹿児島徳之島(時事通信)
緊急時に短期病床提供、都道府県では初―富山(医療介護CBニュース)

「村本さん失い、深い悲しみ」 ロイター編集主幹がコメント(産経新聞)

 バンコクで銃撃を受け死亡した日本人カメラマン、村本博之さん(43)が所属するロイターは11日未明、デイビッド・シュレシンジャー編集主幹のコメントを公表した。コメントは以下の通り。

 「バンコクでの衝突で同僚である村本博之さんを失い、深い悲しみを感じています。ニュースを世界に伝えるジャーナリストたちはその中心に身をさらしており、ジャーナリズムは時として極めて危険な職業になります。トムソン・ロイターの社員全員が今、この悲劇を悼んでいます」

【関連記事】
「悔しい思い」 ロイター日本支局の同僚語る
流血の事態に 対立深刻化、完全解決遠のく タイ
タイ衝突 死者13人、負傷500人超える
タイ反政府デモ長期化の理由は 強制排除、首相にジレンマ
放水・催涙ガス初使用 タイ政府一転、強制排除も

首相、自ら窮地に追い込む…「5月決着」明言(読売新聞)
野生復帰で初誕生のコウノトリ、不明3か月(読売新聞)
新党旗揚げ「悪い話でない」=首相(時事通信)
リウマチ薬など7品目は除外=田辺三菱製薬の業務停止-厚労省(時事通信)
阿久根市の免職訴訟できょう判決=給与張り紙はがし-鹿児島地裁(時事通信)

「母親は偉大」…「育休」中の東京・文京区長(読売新聞)

 長男誕生に伴い、地方自治体の首長としては異例の「育休」を取得している東京都文京区の成沢広修(ひろのぶ)区長(44)が8日、区議会特別委員会への出席のため、5日ぶりに登庁、育児の楽しさについて、「朝から夜まで一緒にいると、その時々の表情に変化がある。眠いとか、おむつ替えてほしいとか……」と相好を崩して語った。

 「育児のつらさも楽しさも感じたい」と3日から育休に入った成沢区長はこの日、区の将来像などを示す「新たなる基本構想」を審議する特別委に出席。終了後は、区長室にこもり、たまっていた決裁などを処理し、再び育休に戻った。

 休暇中の過ごし方について、「自宅で子どもをあやしたり、炊事、洗濯をして過ごしている。生後2か月で6400グラムになり、だっこすると背筋が痛い」と育児の大変さも実感。「母親は偉大。おっぱいを飲ませるとすぐ泣きやむから」

 また、赤ちゃんを連れて外出することもあるといい、「バギー(乳母車)で外を歩くと、子どもがむち打ちになるんじゃないかと思うほど、国道と都道がつぎはぎだらけ。育児をして初めて、舗装が悪いことに気づかされた」と語った。

 自宅は区役所から徒歩10分程度にあり、「何かあっても素早く対応できる」と、危機管理上、問題がないことを強調した。成沢区長は15日まで育休を続ける。

寝屋川虐待 市と児相会見で「対応適切」繰り返す(産経新聞)
渡部氏発言は「激励」=官房長官(時事通信)
「玻は平易な文字でない」最高裁、出生届認めず(読売新聞)
「事業計画書」作り「援デリ」運営 容疑で無職の男を逮捕(産経新聞)
密約関連文書紛失で調査委員会(産経新聞)

<企業献金>海洋土木業者がパーティー偽装し資金集めか(毎日新聞)

 海洋土木専門の建設業者で作る政治団体が06~08年、会議室での数十人の会合を「政治資金パーティー」として少なくとも7回開き、計約4000万円を加盟各社から集めていたことが分かった。会合は酒食を伴っていないため経費はわずかで、収益率は97%。集めた資金は各社からの事実上の献金だった疑いがある。政治資金規正法は政党や政党支部などを除いて企業献金の受領を禁じており、専門家は「違法な企業献金を隠すためパーティーを偽装している可能性がある」と指摘している。【政治資金問題取材班】

 この政治団体は「マリコン」と呼ばれる海洋土木専門の建設会社などで組織する「さんそう会」(横浜市)。

 公表されている08年分までの政治資金収支報告書や関係者によると、同会は08年に4回、東京都内の催事場にある定員30人ほどの会議室を約3万円で3時間借り、医師や女子プロゴルファーを講師に呼んで講演会を開催。加盟各社の関係者だけが参加してお茶程度しか出さない一方、「政治資金パーティー開催事業費」として講師にそれぞれ5万円余の謝礼金を払い、加盟各社から集めた計2160万円を収入として計上していた。

 これらを含めて同会は06~08年、加盟各社の役員や保守系の元衆院議員らを講師に招いて計11回の「パーティー」を開いたが、このうち少なくとも7回はパーティーの実体を伴っていなかったとされる。7回の講師のうち取材に応じた5人は飲食の提供を否定。08年に講師を務めた写真家は「折り畳み式のテーブルが並ぶ会議室で話しただけで、立食などは一切なかった。パーティーと思って行ったら違ったので『あれっ、コーヒーも出ないのか』という印象を受けた」と振り返る。

 7回の経費は計約91万円に過ぎないのに収入は計3948万円だった。さんそう会は06~08年、自民党二階派(当時)の政治団体「新しい波」に2000万円、旧運輸省OBで同党参院議員の泉信也・元国家公安委員長の複数団体に計3000万円を寄付。さんそう会元代表によると、毎年、あらかじめ寄付先や額を加盟各社で協議して決めパーティー券を一定額ごとに割り当てていた。参加者が私費で支払うことはなかったという。

 同会の会計責任者は「飲食を伴わないものもあるが、政治資金パーティーの定義は分からない。適法に処理している」と主張。同会前代表は「政治家が(パーティーで)1億円を集めても、実際には1500万円くらいしか(経費が)かかっていないのと同じ」との見解を示した。

 ◇企業献金の抜け道に

 企業のパーティー券購入を巡っては昨年、小沢一郎民主党幹事長の政治団体の違法献金事件に絡み、西松建設の持つ二つのダミー団体が7年間で計約6500万円の収入を上げたパーティーが、実際には同社幹部数人による会議室での偽装パーティーだったことが判明した。「さんそう会」のケースは講師を招いているものの西松の事例と似通い、パーティーを「抜け道」とした「企業献金隠し」が横行していることをうかがわせる。

 不透明な事例が絶えないのはパーティーへの規制が緩いためだ。政治資金規正法はさんそう会などの政治団体への企業献金を禁じる一方、企業によるパーティー券購入は認めるうえ、献金者や購入者名の公表は、献金の場合は5万円超なのにパーティーは20万円超。このため、さんそう会のパーティーは1回あたり600万円前後を集めながら購入者名は一切公表されていない。1社当たり20万円以下で30社以上から集めたとすれば、業界は企業名を出さずに政治資金を集約できる。

 ただし、パーティー券は、提供された飲食などの対価とされ、総務省は「社会通念上、経費と収入の差が極端に広がれば(違法な)献金に該当する可能性がある」と指摘している。【杉本修作】

【関連ニュース】
偽装献金:ずさん「首相マネー」 実母の12億円は闇
偽装献金:鳩山首相「責任感じる」 自民「使途の説明を」
偽装献金:首相元秘書、起訴内容認める 禁固2年を求刑
ダム工事:「小沢氏に業者逐一確認」高橋元秘書が初証言
脱税:「水谷建設」元会長を仮釈放 08年5月に収監

マナー悪い観光客“罰金1万円”サル条例 大阪・箕面市(産経新聞)
相次ぐ赤ちゃん事故 「カンガルーケア」実施に慎重さ求める動き(産経新聞)
迷い犬 殺処分5時間前に飼い主 高1のメールが救う(毎日新聞)
<南房総市長選>石井氏が無投票再選 千葉(毎日新聞)
車炎上、子供4人死亡=実家前に停車中-北海道(時事通信)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。