スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

参院選のネット戦術 千葉「街頭演説を動画で紹介」(産経新聞)

【ネット選挙~現場報告】

 夏の参院選千葉選挙区(改選数3)には9人が立候補を予定している。それぞれの立候補予定者はインターネット上にホームページやブログを開設。連日、更新しながら選挙活動を行っている。

 民主の道あゆみ氏は、公式ブログ「今日のあゆみ」で街頭演説などの活動を報告。「今日の~」というタイトルだが、4月17日から更新されたのは4回ほど。一方、ツイッターでは携帯電話などから1日数回はつぶやいて活用しているが、選挙期間中のツイッター更新は自粛される見通しでネット戦略も微妙な影響が出てきそうだ。

 動画投稿サイトのユーチューブ(YouTube)で「コニタンチャンネル」を公開しているのは民主の小西洋之氏。街頭演説の様子などを動画で紹介しているほか、活動ブログやツイッター「コニタンなう」も頻繁に更新するなど幅広くネットを活用する。

 自民の椎名一保氏は、7年前から公式HPに国政報告「しいなPEPORT」を随時掲載しており、5月末までに計57本をアップしている。ただ、現状ではブログやツイッターは利用しておらず、ネット活用よりも従来の選挙戦術に重点を置いているとみられる。

 自民の猪口邦子氏は、昨年末からツイッターに参入。1月の公認決定後も精力的にツイッターによる発信を続けてきたが、なぜか5月17日以降は更新が停止している状態。無党派層の支持が頼りの候補者だけに、今後、ネット上でのアピール戦術が注目される。

 共産の斎藤和子氏は、日々の活動内容を記したブログをほぼ毎日更新し、県内各地を精力的に飛び回っている様子がうかがえる。

 みんなの党の水野賢一氏は4月17日にブログを開設。その4日後には同党から出馬要請があったことをブログで報告した。以前は「更新が億劫で…」とブログに対して気が引けていたという水野氏だが、デビュー後はほぼ毎日更新している。

 新党改革の西尾憲一氏は、28日現在、公式HPにアクセスできない。

 日本創新党の清水哲氏は、印西市議時代から続けているブログ「あいラブ北総」を、「ゼロからの挑戦」とタイトルを変えて国政への思いをつづっている。

 幸福実現党の牧野正彦氏は、ブログでの「活動ニュース」とユーチューブによる動画公開を精力的に行っている。

 ネット選挙の解禁で与野党が合意したことを受けて、夏の参院選からインターネット上のホームページやブログを使った選挙活動が可能となる見通しだ。立候補予定者たちの「ネット戦術」を随時リポートする。

【関連記事】
自民、ネットでボランティア募集 参院選向け
ネット選挙運動、参院選から解禁で最終合意
サイバー選挙戦へ準備着々 ネット業界「解禁」見込みサービス充実
「ネット選挙解禁」反対意見なし 協議スタート
民主党、ネット選挙準備に着手 参院選想定し攻勢へ 動画など充実

アユ 多摩川産「江戸の味」復活 川崎(毎日新聞)
検察「カメラに撮影させるのが目的」 SS元船長初公判ライブ(産経新聞)
会員制ホテル家宅捜索へ=預託金数百億円か―出資法違反容疑で警視庁(時事通信)
<防空識別圏>与那国の設定変更 台湾寄り洋上に…政府方針(毎日新聞)
<老犬ぱる>寝たきり一転 手作り補助具で散歩(毎日新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。