スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

協議機関は目くらまし=「濁ったH2O」と民主批判-自民総裁(時事通信)

 自民党の谷垣禎一総裁は4日の記者会見で、鳩山由紀夫首相らが呼び掛けている企業・団体献金禁止などを検討する与野党協議機関の設置に関し「疑惑を隠すための目くらましにすぎない」と述べ、民主党の「政治とカネ」の問題解明が先決で、現状では参加しない考えを改めて示した。
 谷垣氏は同問題をめぐり、鳩山首相と、小林千代美衆院議員に違法な資金を提供したとされる北海道教職員組合、小沢一郎民主党幹事長のそれぞれの頭文字を取って「濁った『H2O』だ。民主党の体質を如実に物語る」と指摘。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%~
【特集】話題騒然 ファーストレディー
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~

首相と小沢氏、午後に会談 政治とカネ、介護制度改革もテーマに(産経新聞)
裁判員裁判で猶予判決後、盗み重ね実刑判決(読売新聞)
普天間検討委8日に、社民・国民新から移設案(読売新聞)
鳩山首相「小沢氏と疎遠じゃないと示すこと大事」(産経新聞)
予防接種法「遅くても5年で抜本改正」-足立政務官(医療介護CBニュース)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。