スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新型インフル対策総括会議の構成員を発表―厚労省(医療介護CBニュース)

 厚生労働省は3月26日、新型インフルエンザ対策総括会議の構成員を発表した。政府の新型インフルエンザ対策本部の専門家諮問委員会委員長を務めた尾身茂氏(自治医科大教授)ら11人で、初会合は31日に開かれる。

 同会議の構成員は尾身氏のほか、▽伊藤隼也氏(医療ジャーナリスト)▽岩田健太郎氏(神戸大大学院医学研究科教授)▽岩本愛吉氏(日本感染症学会理事長)▽岡部信彦氏(国立感染症研究所感染症情報センター長)▽金澤一郎氏(日本学術会議会長)▽河岡義裕氏(東大医科学研究所感染症国際研究センター長)▽川名明彦氏(防衛医科大学校教授)▽田代眞人氏(国立感染症研究所インフルエンザウイルス研究センター長)▽谷口清洲氏(国立感染症研究所感染症情報センター第三室長)▽丸井英二氏(順天堂大医学部教授)―の全11人。

 同会議は、新型インフルエンザに対して厚労省が講じてきた対策を総括し、今後の新型インフルエンザの再流行時や鳥インフルエンザの発生時の対策に生かすため、同省新型インフルエンザ対策推進本部の下に置かれる。
 会議では、対策の経緯と今後の課題をまとめた上で、水際対策、公衆衛生対策、サーベイランス、広報体制、医療体制、ワクチンなどについて、有識者の意見を踏まえながら今後の課題を検討する。


【関連記事】
「厚労省は新型インフルへの対応の総括を」―黒岩氏
厚労省の現役医系技官が国の新型対策を批判
GSK社製2368万回分を解約、違約金なし―輸入新型ワクチン
「新型」診断の医師の届け出義務を廃止-厚労省
人口の10%以上が感染―2009年重大ニュース(1)「新型インフルエンザ」

バーナーで何らかのガスに引火か 兵庫・姫路の爆発事故(産経新聞)
「日米同盟揺るぎなく継続」首相が防衛大卒業式で(読売新聞)
足利事件 「運転免許を取って温泉も」 菅家さん会見で(毎日新聞)
<藤子ミュージアム>11年9月3日、川崎市にオープン(毎日新聞)
“国境の島”は外国人参政権付与に反対 与那国町、壱岐市など(産経新聞)
スポンサーサイト

平野官房長官 中井国家公安委員長を口頭で厳重注意(毎日新聞)

 平野博文官房長官は25日の記者会見で、中井国家公安委員長に対し「疑いを持たれるような行為は好ましくない」と口頭で厳重注意したことを明らかにした。

 中井氏は同日の会見で「女性とは6年ぐらいの付き合い。掃除をしてもらっている。何も問題ない」と説明し「(辞任する考えは)全然ない。職務に精励する」と強調。鳩山由紀夫首相も記者団に「法令違反はないことは判明している」と問題視しない考えを示した。

 これに対し自民党の石破茂政調会長は静岡市の講演で「即刻辞めなければ国家のためにならない」と中井氏の辞任を要求した。【長野宏美】

【関連ニュース】
郵政改革:亀井氏独走やまず 民主、官業肥大に批判
平野官房長官:機密費使途公開「国益にプラスなのか」
普天間移設:官房長官と国民新の下地氏が会談
平野官房長官:内閣支持率続落を分析
平野官房長官:前年度使用分の機密費情報開示に前向き

都監察医務院、遺体を取り違え解剖(産経新聞)
<性同一性障害>手術ミスで和解 説明の不備認める(毎日新聞)
首都圏JR 架線トラブル 「急に電気消えた」「ドン、と音がした」(産経新聞)
再審無罪で支援者集会=冤罪被害者も参加-菅家さん(時事通信)
千葉県警元警部補に有罪=覚せい剤使用「信頼損なう」-東京地裁(時事通信)

テロ支援団体に中古車輸出か 無車検車運転容疑、3パキスタン人逮捕(産経新聞)

 車検を受けていない車を運転したとして、警視庁公安部は、道路運送車両法違反の疑いで、パキスタン国籍の男3人を逮捕した。公安部によると、男らは国際テロ組織アルカーイダと関連があるとして、国連安保理が資産凍結措置の対象としているパキスタンの団体に中古車を輸出した疑いがあるという。

 逮捕されたのは、中古車販売会社「MIDJAC MOTORS」(東京都大田区)代表、クレーシ・アドナン・ラスール容疑者(38)=横浜市都筑区早渕=ら3人。公安部によると、3人は逮捕容疑については認めているという。

 公安部は2月14日に同社など関係先を捜索。保管されていた輸出関係の書類を押収し分析したところ、国連の制裁対象となっている団体に輸出した形跡があった。捜査関係者によると、車は物資の運搬だけでなく爆弾テロの道具として利用できるため、需要が高いという。公安部によると、同社は平成16年12月の設立から中東を中心に中古車を輸出。年間で数千万円の売り上げがあった。逮捕容疑は、昨年10月26日午後、横浜市内で車検を受けていない軽自動車を運転するなどしたとしている。

【関連記事】
アルカーイダは弱体化している CIA長官が指摘
無人機の空爆でCIA攻撃の計画者殺害か アフガン
お家の事情「30年の蜜月危機」 イスラエル入植、米反発
対テロ戦“4正面作戦”と日本の役割
「ジハード・ジェーン」は米白人女性 風刺漫画家殺害計画に関与

自転車違反警告水増し、埼玉県警巡査2人処分(読売新聞)
生方副幹事長は続投=小沢氏、解任方針を撤回-民主(時事通信)
「強権的、独善的」生方氏解任で自民、谷垣総裁(産経新聞)
遺体取り違え解剖、目印を確認せず…都監察医務院(読売新聞)
風力発電の健康影響調査=低周波音で住民から苦情-環境省(時事通信)

<保険金殺人>上申の元組長 東京高裁も懲役20年の判決(毎日新聞)

 茨城県阿見(あみ)町のカーテン店経営、栗山裕さん(当時67歳)に対する保険金殺人事件を茨城県警に上申書で告白し、殺人罪に問われた元暴力団組長、後藤良次被告(51)の控訴審判決で、東京高裁(若原正樹裁判長)は17日、懲役20年とした1審・水戸地裁判決(09年6月)を支持し、弁護側の控訴を棄却した。

 後藤被告は水戸市などで計5人を殺傷した事件で死刑が確定しており、刑法の規定で死刑が優先される。弁護側は上告する方針。

 判決によると、後藤被告は元不動産ブローカー、三上静男受刑者(60)=無期懲役確定=とともに00年8月、栗山さんの妻ら3人=懲役13~15年確定=の依頼で、肝硬変だった栗山さんに無理やり酒を飲ませ殺害した。

 弁護側は「死亡と飲酒強要に因果関係は認められない」と主張したが、高裁は「深酔い状態でウオツカを一気飲みさせられ死亡したと推定できる」と退けた。【伊藤直孝】

【関連ニュース】
佐賀大:ラグビー部1年男子、一気飲み死亡 「強要ない」
上申書保険金殺人:元ブローカーの無期懲役確定へ
元組長の殺人上申:元ブローカーの無期懲役確定へ
2009茨城・この1年:事件・事故 /茨城
一気飲み:佐賀大生が死亡 ラグビー部の卒業生送る会で 1年男子「強要ない」

月末の日米外相会談で提示せず=普天間移設先-平野官房長官(時事通信)
「政府と国民に大きな乖離」密約参考人招致(読売新聞)
<国宝>伊能忠敬資料など2件 文化審議会が答申(毎日新聞)
<訃報>大西祥平さん57歳=慶応大スポーツ医学研究所長(毎日新聞)
波元会長にきょう判決=無罪主張、求刑懲役18年-「円天」詐欺事件・東京地裁(時事通信)

<枝野行政刷新相>消費税率上げる際は総選挙すべきだ(毎日新聞)

 枝野幸男行政刷新担当相は13日、神戸市で開かれた民主党衆院議員の集会で、消費税増税について「4年以内に上げないといけない状況になった時には、(衆院を)解散して国民の信を問う、それが政治の責任だと思っている」と述べ、税率を上げる際は衆院解散・総選挙をすべきだとの考えを示した。

 枝野氏は「消費税については次の選挙までは上げないと、政府が約束をした」と強調。「消費税というのはある意味では安易なところがある」と述べ、「財政の構造を変える、税金の無駄遣いをやめさせたり、使い方を変えるということを先にやらないといけない」と語った。【内田幸一】

【関連ニュース】
枝野行政刷新担当相:独法保有の国債「全額返させる」
枝野担当相:事業仕分け第2弾対象選定開始 50法人公表
枝野行刷相:事業仕分け第2弾、1年生議員もOK
民主党:枝野氏が県連代表を辞任…政務三役との兼任解消
枝野担当相:各省へのヒアリング開始へ 仕分け対象選定で

プリウス工場の車内に硫化水素、作業員自殺か(読売新聞)
<新銀行東京損賠訴訟>旧経営陣が争う姿勢 1回口頭弁論(毎日新聞)
<日弁連会長選>再投票で宇都宮氏当選(毎日新聞)
放射線障害防止法にクリアランス制度-文科省が改正案(医療介護CBニュース)
「過去に自分も被害…」プレステ3の代金詐取男を逮捕(産経新聞)

<学力テスト>中学教諭が点数改ざん「成績悪くて…」 福島(毎日新聞)

 福島県いわき市の市立磐崎(いわさき)中学校(新妻和之校長、生徒数406人)の男性数学教諭(52)が、2月に実施された市中学校長会主催の学力テストを採点した際、1年生約60人の答案を書き直したりして、点数を不正につり上げていたことが分かった。教諭は「成績が思っていたよりも悪く、やってしまった」と話しているという。福島県教委は、中学からの報告を受け次第、教諭を処分する方針。

 テストは学習到達度をみるため、2月2日、全市立中44校で5教科実施された。

 磐崎中によると、解答を返却した同4日、数学について1年生から「自分の字ではない字で解答が書かれている」「答えを書かなかったのにマルがある」などの指摘があった。学校が全4クラス115人の解答を調べた結果、約60人で1人1~4問の誤答や無解答が正答に直されていた。

 教諭は改ざんを認め、学年集会で「申し訳ないことをした」と謝罪したという。新妻校長は「一生懸命テストを受けた子供たちにすまない」と話した。【神保圭作】

<檀家助成金>支出不当と返還勧告 三重の広域連合監査委員(毎日新聞)
さだまさしさん作校歌、題名は「約束をしよう」(読売新聞)
阿久根市議会、課長「市長命令で説明できない」(読売新聞)
【健康】ヨウ素 取りすぎ注意 「食事摂取基準」来月改定(産経新聞)
鳩山元総務相、自民党に離党届け(読売新聞)

<大島幹事長>小林議員が辞職しないのは「民主の意図」(毎日新聞)

 自民党の大島理森幹事長は16日の記者会見で、北海道教職員組合による違法献金事件に絡み、民主党の小林千代美衆院議員が15日までに辞職しなかったことについて「参院選前に(衆院)補選をしたくない民主党の意図によるものだ。(小林氏に)国会で説明責任を問いたださなければならない」と批判した。公職選挙法の規定で、15日までの辞職なら4月下旬に補選が行われた。

【関連ニュース】
大島幹事長:舛添氏に自重促す 総裁辞任に講演で言及
大島・自民幹事長:舛添氏に自重促す 総裁辞任に講演で言及
語録:再編ゲーム求めてない--大島・自民幹事長
選挙:09衆院選 開票結果と当選者一覧 比例代表・東北
選挙:09衆院選 開票結果と当選者一覧 小選挙区・東北

<DAYSフォト大賞>1位に「ケニアの干ばつ」(毎日新聞)
給与支払いで強制執行求める=市長告発も-阿久根市職員側(時事通信)
<札幌7人焼死>ホーム運営会社を捜索 2人の身元を確認(毎日新聞)
和解勧告受け「一日も早い実現を」-全国B型肝炎訴訟原告団・弁護団(医療介護CBニュース)
洗濯物にストーブの火?…札幌7人死亡(読売新聞)

【新・関西笑談】みんぱくのアンデス博士(2)国立民族学博物館教授・関雄二さん(産経新聞)

 ■失われた多様な文化を見ないと人間は傲慢さに征服されてしまう。

 --5年越しの調査でお墓を発見された瞬間は「ヤバイッ」と。その後はいかがでしたか

 関 そこからがまた大変。墓は直径1メートル、深さ2メートルの縦穴で、その底にある骨や副葬品を一つずつ引き上げたのですが、穴に入り込んで骨のすき間に足を置き、穴のくぼみに尻を置き、夜通し20時間くらい作業しました。足は震えてけいれんするし、ときどき学生に「肩もんでくれー」とお願いして。最終的に全部取り出すのにまる5日かかりました。

 --大変ですね。発掘では最新の機械などは使わないのですか

 関 レーザー光線を照射して距離を測ったり高さを出したりする機械はありますが、発掘の基本は手作業でなかなか機械化できないんです。

 --現場での必須アイテムはありますか?

 関 いつも「マイ道具」を布袋に入れて持ち歩いています。まず焼き鳥のくし。ほどよい弾力があって、細かい作業にはあれが一番いいんです。昼ごはんの後はつまようじに使えるし。

 --それは意外(笑)

 関 カニの身をほじくるやつとか、先が二またになっている雑草抜きもいい。木のはしをナイフで好きな角度に削った“マイはし”もあります。あとは大小の絵筆、ほこりをとばすブロワー、移植ごてなどです。ひまなときにホームセンターに行って使えそうなものを選びます。

 --そんな愉快な道具たちを使って取り出して…

 関 はい。取り出した後にもいろいろあります。今や考古学は墓が出ました、骨が出ました、金が出ました、はい終わりじゃない。調査チームには土を調べる地質学者や、骨を調べる形質人類学者、食べ物を調べる専門家などがいて、出土品や骨を詳しく分析します。

 --例えばどんなことがわかりますか

 関 人間の骨を調べれば、その人が何を食べていたかが分かります。骨のコラーゲンなんかに“記憶”が残っているんです。さらに自然死か、病死か、殺されたかも骨を調べればだいたい分かる。『貴婦人』はどうかなあ。殺されて埋葬されたか、死んだ人を別の場所から連れてきてまつったか…。詳しい調査はこれからです。

 --古代のミステリーですね

 関 ええ。今回面白かったのは、地質学者の先生と神殿を構成する石がどこから運ばれてきたかを調べたら、毎日歩いて通っている場所が石材所で、目からウロコでした。

 --楽しい発見ですね

 関 トンカチで石を割って、ルーペで見たり成分分析したりして調べるのですが、先生がいきなり神殿の石壁を割ろうとするから「ちょっと待って!」って(笑)。「ここ割らないと分かんないなあ。割りたい割りたい」「いやいや、割れてるところ探しますから」なんていいながら。

 --漫才みたい(笑)

 関 古代人にインタビューできたら手っ取り早いんですけれど。それができない変わりに、こうやって少しずつ彼らの生活を解明していくんです。

 --ずばり、そのこころは?

 関 私たちの仕事は、文化の多様性をみることだと思います。現在だけが人間の営みのすべてではなくて、歴史のなかで失われてしまった過去にも人間の活動の多様性がある。それを一つひとつみていかないと、人間はいつか傲慢(ごうまん)さに征服されてしまうと思うんです。ほら、生物も多様性がなくなると滅びるでしょう。同じことです。(聞き手 杉村奈々子)

ハイチPKO1次要員が帰国=陸自部隊、現地で復興作業-成田(時事通信)
女子高生の上履き盗んだ男逮捕=卒業アルバムで好み選ぶ-愛知県警(時事通信)
郵便局強盗容疑で42歳男逮捕=女性客に刃物、200万円奪う-京都府警(時事通信)
8日に基地問題検討委=政府・与党(時事通信)
北教組事件 小林議員地元入り 進退「確認のうえで判断」(毎日新聞)

協議機関は目くらまし=「濁ったH2O」と民主批判-自民総裁(時事通信)

 自民党の谷垣禎一総裁は4日の記者会見で、鳩山由紀夫首相らが呼び掛けている企業・団体献金禁止などを検討する与野党協議機関の設置に関し「疑惑を隠すための目くらましにすぎない」と述べ、民主党の「政治とカネ」の問題解明が先決で、現状では参加しない考えを改めて示した。
 谷垣氏は同問題をめぐり、鳩山首相と、小林千代美衆院議員に違法な資金を提供したとされる北海道教職員組合、小沢一郎民主党幹事長のそれぞれの頭文字を取って「濁った『H2O』だ。民主党の体質を如実に物語る」と指摘。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%~
【特集】話題騒然 ファーストレディー
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~

首相と小沢氏、午後に会談 政治とカネ、介護制度改革もテーマに(産経新聞)
裁判員裁判で猶予判決後、盗み重ね実刑判決(読売新聞)
普天間検討委8日に、社民・国民新から移設案(読売新聞)
鳩山首相「小沢氏と疎遠じゃないと示すこと大事」(産経新聞)
予防接種法「遅くても5年で抜本改正」-足立政務官(医療介護CBニュース)

<コンクリート橋脚>プラスチック繊維で強度増…砂利の代替(毎日新聞)

 セメントに混ぜる骨材を砂利からプラスチック繊維に代えることで、阪神大震災(95年)の1.5倍の巨大な揺れでも壊れないコンクリート橋脚が造れることを、防災科学技術研究所(茨城県つくば市)と東京工業大が実験で確かめた。震災では阪神高速道路の高架が横倒しになり、現在は鉄板などで補強しているが、さび防止の塗装などが必要。プラスチック繊維を使う方法なら水中でのコンクリート建造物にも有効だ。

 通常のコンクリートはセメントと砂、砂利を混ぜる。東工大の川島一彦教授(耐震工学)らは、砂利の代わりに、衣装ケースなどの原料となるポリプロピレン製繊維(長さ1.2センチ、太さ0.03ミリ)を1.5%の割合で混ぜて、実物大の橋脚(高さ7.5メートル、太さ1.8メートル)を造った。

 川島教授らは、この橋脚を同研究所の震動台「E-ディフェンス」(兵庫県三木市)で実際に揺らす実験をした。阪神大震災時にJR鷹取駅(神戸市)で記録された揺れと同じ強さで3回、さらに1.5倍の揺れで3回揺らしたところ、10本以上の細かいひびが入ったが壊れなかった。繊維を混ぜることでコンクリートにねばりが生まれ「引っ張り強度」が増したためという。

 プラスチック繊維を使うと従来より高価で粘度が高く扱いにくい欠点もあるが、川島教授は「量産化すれば価格も下がり、巨大地震でも倒壊しない橋を造ることができる」と期待している。【野田武】

【関連ニュース】
皇太子さま:雅子さまは「着実に快復へ」50歳会見(3)
五輪スノーボード:神戸に恩返し 震災被災の家根谷選手
チリ地震:「阪神以上の揺れ、正直怖かった」日本大使館員
大相撲春場所:第2新弟子検査、8人が受検…向井、福岡ら
ハイチ大地震:「日本の経験を伝えて」…国連防災担当

架空取引で佐川急便から詐取 計1億6千万円か(産経新聞)
奈良5歳児餓死…2か月朝食だけ、体重1歳児以下(読売新聞)
長男遺棄容疑で男逮捕、自宅に妻と義母の遺体(読売新聞)
<中2自殺>「遺書に名」生徒ら提訴 岐阜・瑞浪(毎日新聞)
高2死亡で男子生徒書類送検=アーチェリー練習、矢刺さる-重過失致死容疑・警視庁(時事通信)

消えた年金、厚年基金か健保記録あれば窓口救済(読売新聞)

 「消えた年金」の被害者救済問題で、長妻厚生労働相が設置した「年金記録回復委員会」(委員長=磯村元史・函館大客員教授)のまとめた新たな基準緩和案が5日、明らかになった。

 厚生年金保険料の納付記録がないケースで、同時期に企業年金の「厚生年金基金」か、会社の健康保険組合の加入記録が残っていれば、窓口で簡単に納付を認定することが柱。回復委は今月末に新基準を正式決定した後、早ければ4月からの施行を検討する。

 「消えた年金」の被害にあった厚生年金加入者が「消えた」分の年金を復活させるには、原則として総務省の「年金記録確認第三者委員会(第三者委)」の認定を受けなければならない。しかし、支給までに1年近くかかる例もあり、新たな基準緩和案は、旧社会保険庁から業務を引き継いだ日本年金機構の窓口での救済対象を拡大・迅速化するのが狙いだ。

 総務省の推計によると、第三者委で審査の終わった厚生年金関係の申し立て約5万5000件のうち、旧社保庁の年金記録と、厚年基金や健保組合の加入記録が食い違っていたのは約1200件だった。ほとんどは第三者委の審査で支給が認められており、基準緩和によって、こうした事例の多くは今後、第三者委の審査なしで、管轄の年金事務所(旧社会保険事務所)の窓口で年金復活の手続きができるようになる。

 「消えた年金」をめぐっては、「記録が消えたことに気づかない人が多く、第三者委に申し立てた人は氷山の一角」(東京都内の社会保険労務士)と指摘されている。厚年基金や健保組合は、大企業のほか、同業の中小企業が集まって組織している例も多く、新基準で救済される対象は相当数に上る可能性も高い。

 また、これまで第三者委には、旧社保庁や会社側の事務処理ミスなどによって〈1〉転勤を伴う社内異動なのに、加入期間に空白ができた〈2〉厚生年金への加入や脱退の日付が1日ずれている――という申し立ても目立つ。回復委では、これらの事例も、第三者委の審査簡略化で記録の訂正を早められないか検討している。

教員の政治活動罰則検討…衆院予算委で首相表明(読売新聞)
<歯周病シンポ>東京で開く 300人が集まり熱心に聴く(毎日新聞)
皇太子さま、6日からアフリカご訪問「以前から親しみを持ってきました」(産経新聞)
米渡航手数料900円、「実質ビザ代」日欧反発(読売新聞)
海上保安官を懲戒免職=給食費など280万円着服-鹿児島(時事通信)

無人トラック坂道暴走、民家に突っ込む(読売新聞)

 27日午前7時55分頃、横浜市旭区川井宿町の民家に無人の3トントラックが突っ込み、庭にいた近所の主婦(68)に接触した。

 主婦は顔を切るなどの軽いけがを負った。トラックはブロック塀を押し倒して止まり、建物に被害はなかった。

 旭署の発表によると、トラック運転手の建設会社員男性(48)は、民家から30メートルほど坂の上にある資材置き場の前にトラックを止め、材木の積み下ろし作業をしていた。男性は「サイドブレーキをしっかりとかけていたか記憶にない」と話しているという。

<行政書士>警視庁が監視強化 外国人の不法就労助長(毎日新聞)
<沖縄震度5弱>女性2人が軽傷 水道管破裂や倒木も(毎日新聞)
<大津波・津波警報>岩手県・久慈港で90センチ観測(毎日新聞)
小林議員進退「本人の意思」=首相が認識-参院予算委(時事通信)
小沢邸にまた銃弾!同封はがきに「ゴキブリ退治」(スポーツ報知)

「山本病院」手術死事件、逮捕の元主治医が病死(読売新聞)

 奈良県大和郡山市の医療法人雄山会「山本病院」(解散)で2006年、肝臓の腫瘍(しゅよう)摘出手術を受けた男性(当時51歳)が死亡した事件で、業務上過失致死容疑で逮捕された元主治医の塚本泰彦容疑者(54)が25日朝、拘置中の県警桜井署2階留置場で倒れているのを署員が見つけた。

 塚本容疑者は病院に搬送されたが死亡した。県警は病死とみて、死因を調べている。

 県警によると、塚本容疑者は同日午前7時頃に起床し、洗面を済ませて留置場個室に戻った。その後、うめき声が聞こえ、署員が見に行ったところ、倒れて意識がないのを発見。すでに心肺停止状態だった。

 塚本容疑者は、ここ数日、睡眠や食事をとれない状態が続いていたといい、24日には病院で点滴を受けていた。

 塚本容疑者は、同病院元理事長の山本文夫被告(52)(詐欺罪で実刑判決を受けて控訴中)と6日に逮捕され、26日に起訴される予定だった。

【核心】法政大中学高校「常軌逸した」体罰なぜ…(産経新聞)
国交省天下り、空港関連団体へ16人=常勤役員の8割近く-昨年12月時点(時事通信)
国会 24日も与野党が対立 自民は衆院の全委員会を欠席(毎日新聞)
<掘り出しニュース>ウィキペディアに対抗? 「ウィキペずら」が話題に(毎日新聞)
県産米粉を使ったパンを販売=熊本〔地域〕(時事通信)

60年大地震の20分の1か=エネルギー規模-気象庁課長(時事通信)

 南米の太平洋沿岸付近では、海側のプレートが陸側のプレートの下へ沈み込んでおり、この境界では大地震が繰り返し起きている。1960年5月にチリで規模(マグニチュード=M)が9.5の地震が起きた際には、高さが最大4メートル程度の津波が発生。日本でも死者・行方不明者が142人に上った。気象庁の関田康雄地震津波監視課長によると、今回はM8.6と推定しており、地震のエネルギーは20分の1程度と考えられる。しかし、今回の地震により、海底でどのような地殻変動が起きたか、直接調べる手段がないため、津波の大きさの予測は難しい。
 2007年8月にペルーでM8.0の地震が起きた際には、北海道根室市や青森県八戸市、沖縄県石垣市などで高さ15センチの津波を観測した。 

【関連ニュース】
【特集】ハイチ大地震取材体験記~被災地の1週間~
〔写真ニュース〕チリ大地震・津波の到達予想時間
〔写真特集〕ハイチ大地震
津波警戒で情報連絡室設置=政府
進出の日本企業、情報収集を開始=チリ大地震

<強制わいせつ容疑>元Jリーガーを処分保留で釈放(毎日新聞)
<母子殺傷>38歳被告、改めて無罪主張 札幌で第5回公判(毎日新聞)
感染経路は特定できず=愛知の鳥インフル(時事通信)
<訃報>吉田昭さん74歳=弁護士、元神戸地裁部総括判事(毎日新聞)
【核心】法政大中学高校「常軌逸した」体罰なぜ…(産経新聞)

車から飛び降り男性死亡、出会い系の男性同乗(読売新聞)

 22日午後11時15分頃、愛知県刈谷市築地町の国道23号で、「人をはねたかもしれない」と、走行中の車の運転手から通報があった。

 刈谷署員が駆けつけたところ、追い越し車線に男性が倒れ、既に死亡していた。同署が身元確認を急いでいる。

 発表によると、約10分後、京都市の男性(24)から、「国道23号を乗用車で走行中、同乗の男性と口論になり、車から降りるように言ったところ、飛び降りてしまった」と通報があった。

 また、「男性とは出会い系サイトで知り合った。車内で体を触られ、口論になった」などと説明しているといい、同署は、業務上過失傷害の疑いもあるとみて、事情を聞いている。

<徳島バス>県内2路線を9月末で廃止 高速道割引で減収(毎日新聞)
ボビー・ウォレス
<客引き容疑>無料案内所の店長ら逮捕 大阪府警(毎日新聞)
ユニオンHD「黒幕」ら、インサイダー取引容疑で逮捕へ(産経新聞)
太陽の塔、40年ぶり「目」点灯へ(産経新聞)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。